防災・医療支援フォルダ

 

 

ケガや体調不良になったとき、人に何を伝えますか?

熱中症や交通事故、体調異変などの緊急事態発生時、周りの人や救急隊員にご自分の緊急連絡先や持病などの身体情報を正確に伝達するために活用いただくアイテムです。

使用前の準備

本製品に各種情報を記入してください。

  • 顔写真を貼り付けていただくと本人確認が容易になります。
  • 緊急連絡先や身体医療情報は特に重要です。
  • 最下部に女性専用欄を設けております。必要なければ切り取りください。
  • たたんで透明タイプの袋に入れ、財布やカバンに収納してご活用ください。

普段から身の回りに用意しておく

①財布の中に
 
② カバンの中に
 
③ 非常用持ち出し袋の外側に
 
④ 車検証と一緒に
⑤ 玄関ドアの内側に
   ポケットを貼って収納

この商品は平時から持ち歩くことで、身体に異変が生じた場合、周囲の救護者、救急隊員が正確な情報を基に速やかに対応してもらえるよう自ら準備し、適切で速やかな治療を受けて早く復帰できることを願っている商品です。


 

 
 

  • 防災医療支援フォルダ台紙    2枚
  • 防災医療支援収納ケース

    (安全ピン付きフォルダ) 1個

  • 粘着剤付きPPポケット      1枚

 

透明の袋入り

(リップ部Vカット仕様)

   

  
財布のカード入れに収納する際に用いる容器です。劣化や破損から本品を守ります。
入り口のリップ部はVカットを採用。収納時の引っかかりを防ぎます。

透明な粘着材付きポケット

(Sタックポケット)

   

  
手帳やノートにポケットを貼り付けて収納できます
玄関のドア内側に貼り付けて収納しておけば、駆けつけた救急隊員に素早く情報伝達できます。

透明フォルダ

   

  
災害時の帰宅時や避難所で使用する容器です。
名札になりますので、避難所内のコミニュケーションが向上します。

  • 安全ピンタイプ(標準仕様)
  • 笛付きストラップ(オプション)など

オプション

首にかけて行動するときのために「笛付きストラップ」をご用意しております。
 
写真
 

会社で管理されることを想定し、専用バインダーをご用意しております。
 
写真
 
詳しくはお問い合わせください。


オリジナル品も製造可能です。
お気軽にご相談ください。


防災シミュレーター

内閣府が
防災シミュレーター…各自治体防災情報
をホームページにて公開しています。

 

 

災害伝言ダイヤルの使い方

  • ①171
  • ②録音:1(暗証番号を利用の場合:3)
  • ③再生:2(暗証番号を利用の場合:4)
  • ④相手先電話番号(市外局番から)
  •  --ガイダンスが流れます。--
  • ⑤録音:1#(30秒)➔終了9# 
  • ⑥伝言訂正:8#

 
NTT東日本災害伝言ダイヤルの体験利用が下記日時において可能です。

  • 毎月1日,15日 00:00~24:00
  • 正月三が日(1月1日00:00~1月3日24:00)
  • 防災週間(8月30日9:00~9月5日17:00)
  • 防災とボランティア週間(1月15日9:00~1月21日17:00)

          ※一度体験してみることをおすすめします
 


 

インフラの復旧日数

震災時に「おいてのインフラ復旧日数は

  • 電力 - 1週間程度
  • 通信 - 2週間程度
  • ガス - 1~2週間程度
  • 上下水道 - 1ヶ月以上

  といわれております