様々な用途にあわせたファイル中袋
     (=リフィル)を取り扱っております


 リフィルは

     ・材質
     ・形状
     ・用途

により、多種多様です。

入れ方いろいろ

ファイルには上から入れるトップイン・横から入れるサイドインがあります。

穴部の補強

中袋を金具で綴る場合、袋左側に穴が開いています。
この穴はサイズによって規格が決められています。
穴を開けただけだと破れたり袋に収めた紙がよって穴を塞ぎ、綴ることができなかったりします。そこで一手間加えます。

使用する材質はPP・PE・塩ビなど
     ・プレーン(透明)
     ・梨地(マット調)
     ・不織布
があります。
 
厚みも 0.05mm~0.13mmまでと多彩です。

 
 
写真ないし絵
 

大きく分けて
     ・綴具で綴るもの
     ・表紙に袋中央で溶着させるもの
に別れます。
 
綴じ具で綴るものには

  • 片ベタシール
  • セミシール

など様々な形状があります。

 
 
それぞれリフィル・中袋に印刷をかけることも可能です。

「何を何枚入れるか」によってポケットの大きさ・数が決まります。
例として…

  • 名刺ファイル
  • トレーディングカード入れ
  • ハガキ専用ファイル   など

 
メーカーが製造するリフィルは「1種類」の対象物を収納するリフィルが多いです。
私達別注品を製造するメーカーか「コンビネーションリフィル」の製造も手がけております。
(コンビネーション…1枚の袋に写真・ハガキ・名刺を2枚入れたいなど)